刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

大系 黒澤明 別巻

大系 黒澤明 別巻

黒澤 明
浜野 保樹

2009年10月から刊行を開始し、この4月に全4巻が完結した『大系 黒澤明』。編者・浜野保樹東大教授の長年の調査による、黒澤自身が書いた・発言したすべての文字データを網羅した「世界のクロサワ」生誕百年にふさわしい企画と好評を得た。その間、これまで読むことが出来なかった、あるいは存在すら知られていなかった脚本が多数発見された。全集完結につづく別巻は、映画ファン、黒澤ファンがあっと驚く脚本を10本収録する。そのなかから3本をご紹介する。「陽気な工場」は、黒澤が日本放送教会(現NHK)のために書き下ろしたラジオドラマ。昭和17年8月15日に放送されたが、これまでどんな黒澤研究書にも言及されたことがなかった。戦時下にどんな作品を書いていたか。「明日を創る人々」の個人蔵脚本。昭和21年5月2日公開の、東宝撮影所の組合が自主制作した一種のプロパガンダ映画。黒澤がメガホンをとっているが、終生自作とは認めず、公開後は近代美術館フィルムセンターで1回上映されたのみの幻の映画。昭和26年、映画雑誌にもその10月封切予定、主演は三船敏郎、志村喬と紹介されたが、大映に製作を拒否された「棺桶丸の船長」の準備稿として、橋本忍がまとめていた「棺桶丸の人々」が発見された。これ以外の収録作品は以下の通り。「静かなり」/「森の千一夜」/「サンパギタの花」/「天晴れ一心太助」/「どっこい!この槍」/「能の美」/完成した『夢』から外された三つのエピソード【著者略歴】黒澤明(クロサワアキラ)  1910年~1998年浜野保樹(ハマノヤスキ)  東京大学大学院教授。

定価3630円(税込)

ISBN9784062164450

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto