刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

祖父たちの零戦

祖父たちの零戦

神立 尚紀 プロフィール

「ミノル、俺たちのやりたかったのはこんなことだったのかな」――“二十七機撃墜・味方損失ゼロ”奇跡の初空戦を指揮した進藤三郎、敗色濃くなった南太平洋でなおも完勝をつづけた鈴木實、交錯する二人の飛行隊長の人生を縦糸に、元零戦搭乗員一二四名へ未踏の二〇〇〇時間インタビューを横糸にして織り上げた、畢生のノンフィクション!<推薦コメント>日本人として身震いするほど感動した。この書は、名もなき英雄たちの叙事詩であり、鎮魂歌でもある。百田尚樹(作家)空で勇猛だった零戦搭乗員が、下界へ戻ると無口で茶目ッけの多い平凡な若者に変る。その清々しい生き方を描いた感動的物語。阿川弘之(作家)著者略歴:神立尚紀(こうだち・なおき)1963年、大阪府生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。1986年より講談社「フライデー」専属カメラマンを務め、主に事件、政治、経済、スポーツ等の取材報道に従事。1995年、元零戦搭乗員の取材を開始する。1997年、フリーとなり、その後は主に人物ドキュメンタリーや戦史取材に力を注ぐいっぽう、カメラ・写真雑誌でも記事や写真を発表。著書に「零戦の20世紀」(スコラ)、「零戦最後の証言」、「撮るライカ」、「零戦隊長~二〇四空飛行隊長宮野善治郎の生涯」(いずれも光人社)、「戦士の肖像」(文春ネスコ、文春文庫)などがある。社団法人日本写真家協会(JPS)会員、東京工芸大学非常勤講師。NPO法人「零戦の会」理事兼副会長。

定価1980円(税込)

ISBN9784062163026

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto