刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

この国を作り変えよう 日本を再生させる10の提言

この国を作り変えよう 日本を再生させる10の提言

冨山 和彦
松本 大

経済大停滞、年金崩壊、格差の二極化、貧困化する地方……。問題の本質は「若者の所得を収奪する団塊世代」である。日本の指導層がひた隠す「不都合な真実」を40代経営者が抉る!若い世代の「カネがすべて」といった風潮を「拝金主義だ」と品格好きの中高年世代は非難します。しかし、一人当たりGDPの地位低下などカネを稼げない国になっている日本で世代間の賦課方式によって年金を担保されている中高年世代は、その年金原資を若い世代の所得から収奪していることを自覚しているのでしょうか。よく中高年世代は、格差や貧困化を市場経済や「ダメな若者」のせいにします。しかし、本当の原因が正規社員と非正規社員の壁など反市場経済的な制度や規制にあるという事実を、そうやって若い世代から意図的に隠蔽し、自らの既得権益の温存を図っているのではないでしょうか。いま私たちがもっとも取り組むべきは、このような世代間の利害対立構造を解消することです。多数派の中高年世代が自らのパワーとマネーを少数派である若い世代に移譲し、若い世代が政治的発言力を獲得するようにこの国のしくみを作り変えることです。オバマ米国新大統領はじめ世界の指導者は若返っています。30年後まで有効な政策を決められるのは中高年世代ではなく、30年後も現役で働く若い世代です。そのための方策を、若い頃から現場で行動してきた二人の経営者が討論し、日本を若返らせて根本から再生させる10項目の大胆な提言にまとめました。1 品格ブームの胡散臭さ2 パワーとマネーを若者に移譲せよ3 インセンティブ・デザインを導入せよ4 人間の意欲を摘み取る国5 法学部支配社会でいいのか6 「ダメな国」と認識したほうが未来を描ける7 政府は「理想的家族像」を押しつけるな8 人口構成デザインはもっとも重要な政治テーマだ9 国民一人ひとりの国際競争力が問われる10 自律反転の時はいつ来るか11 日本を「知識集約立国」に転換せよ◆日本を若返らせる10の提言

定価1320円(税込)

ISBN9784062150521

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto