刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

戸塚教授の「科学入門」 E=mc2 は美しい!

戸塚教授の「科学入門」 E=mc2 は美しい!

戸塚 洋二

〈この1年の間に1人の日本人科学者が命を落としました。戸塚洋二博士(1942-2008.7.10)です。戸塚さんこそ、ノーベル賞をもらわないわけにはゆかない人でした。彼のボス、小柴昌俊氏に2002年にノーベル賞が出たのは、1998年に小柴研の後継者である戸塚さんたちが「ニュートリノ振動の観測」に成功した、20世紀最後最大の業績に対するノーベル賞授与の準備、布石と誰もが理解していまし た。〉この文章は、伊東乾・東大洵教授が『日経ビジネスオンライン』で連載する「常識の源 流探訪」(10月10日付)からの引用です。ノーベル物理学賞を日本人が受賞した際に書かれた回です。本書の帯には、「ノーベル賞に最も近かった物理学者が、迫りくる死を前に伝えたか った」とあります。この7月10日に惜しまれつつ亡くなった戸塚洋二東大特別栄誉教授が、特に若い人たちへ科学の面白さを伝えたいがために書いた文章をまとめました。アインシュタイン、ガリレオから最新のニュートリノ、宇宙の暗黒物質、素粒子論いま最もホットな最新物理学の醍醐味を、丁寧に解説します。

定価1540円(税込)

ISBN9784062150255

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto