刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

働きマン 仕事人に聞く

働きマン 仕事人に聞く

一志 治夫 プロフィール
安野 モヨコ

「働く人の話には 何か必ずひとつの真実がある」 安野モヨココミックスが累計400万部を突破し、テレビドラマ化された人気漫画『働きマン』(週刊「モーニング」連載中)。身も心もボロボロになりながら、それでも日々の仕事の中に「喜び」と「やりがい」を見出しながら働く女性編集者・松方弘子の生き様が世代を超えて共感を呼んでいる。『働きマン 仕事人に聞く』は、その「実録版」だ。ノンフィクション作家・一志治夫が各界で活躍する「働きマン」たちに会い、話を聞き、その仕事ぶりを活写する。ナインティナイン・岡村隆史、「スーパーモーニング」キャスター・赤江珠緒、カリスマシェフ・奥田政行、伊勢丹バイヤー・上野奈央、三井物産保育事業担当・中山あやこ。職種は違えど、彼らの「仕事の哲学」にはいくつかの共通項がある。失敗を人のせいにせず自分の糧にすること、人間好きで人への興味を人一倍持っていること……。素敵な「働きマン」たちの話に耳を傾ければ、彼らに共通する「成功者のメンタリティ」がさらに見つかるに違いない。◆仕事人が紡ぐ「珠玉の言葉」たち(本文より)岡村隆史 「ゴールも正解もわからへんから、仕事はオモロイ」赤江珠緒 「気持ちに余裕がないと感じる力が麻痺してしまう。それがすごく怖い」上野奈央 「追求すれば実現できる理想もあるって知った」奥田政行 「人のために行動を起こすと周りが幸せになり、自分も幸せだと感じられる」中山あやこ 「仕事で何かあったとき、子育てのせいにしてしまうのは違うと思う」

定価1320円(税込)

ISBN9784062142922

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto