刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

「日本叩き」を封殺せよ

「日本叩き」を封殺せよ

原田 武夫

日本にも、こんな豪腕官僚がいた!ロイター通信社に機密費を渡し、外国メディアを思うがままに操縦する――稀代の英語使いにして情報・宣伝の達人。外交の裏面に生きた男の秘史。今から110年余前の1895(明治28)年。当時、世界最大の通信社であったロイターを「買収」した日本人がいた。男の名は、伊東巳代治。巳代治は明治新政府の乏しい財政のなかから、月500円(現在の貨幣価値にして1000万円)もの多額のカネを毎月機密費として外国通信社に渡していた。巳代治はなぜ、機密費をロイターに渡したのか。なぜ機密金を使ってまでロイターとの関係を持とうとしたのか。買収工作は、どのような効果をあげていたのか。私はこうした問いに答えるため、本書を書くことにした。それによって、現下の日本の外交政策、対外宣伝に対する有益な教訓が得られると信じるからだ。――<「はじめに」より>

定価2090円(税込)

ISBN9784062133494

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto