刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

おしゃべり目玉の貫太郎

おしゃべり目玉の貫太郎

鈴木 公子

夫、目玉しか動かない鈴木貫太郎、74歳。病名、ロックトイン症候群。妻、ときどき介護をさぼって、山登りにでかける鈴木公子、70歳。どうやって会話をするの?どうやって食事をするの?奇跡の夫婦、涙と笑いの45年物語。今から27年前、47歳の働き盛りのとき、私の夫・鈴木貫太郎はゴルフのプレー中に場内の崖から転落し、コンクリートの側溝に頭を強打して意識を失った。脳幹部の太い動脈に血栓が生じ、医師から「この状態で生きのびた例はほとんどありません。生きながらえても植物状態です……」と説明されたときには、あまりの言葉に涙も出なかった。首都高速道路公団で設計の仕事に携わっていた貫太郎、43歳の私、そして高校生の長男、長女、小学生の次男と貫太郎の父の6人家族。3人の子どもに恵まれ、それなりに幸せな生活を送っていたわが家はそのときから暗転、「地獄」になった。――<「まえがき」より>

定価1540円(税込)

ISBN9784062132022

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto