刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

すらすら読める伊勢物語

すらすら読める伊勢物語

高橋 睦郎

「名にし負はば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと」「伊勢物語」は人間のあらゆる愛のかたちを網羅している愛の教科書だった。総ルビつき原文 著者オリジナル現代語訳つきなぜそれほど愛読されたか。『伊勢物語』が、いわば愛の教科書だからでしょう。雅びの愛、鄙(ひな)の愛、幼い愛、若く無謀な愛、年齢を重ねた愛、真剣な愛、浮薄な愛。以上はいずれも男女間の愛ですが、ほかに友人間、君臣間、母子の情愛もある。それは平安時代の愛の特徴である色好みの魁(さきがけ)であるとともに、万葉時代の相聞(そうもん)の様相も色濃く残しています。そして、それら愛の、相聞の種々相がTPOに合わせて歌に表現されている、歌の教科書でもあります。古来、わが国の教養の中心は詩歌でしたから、身分の上下を問わず、字の読めるほどの男女は『伊勢物語』に親しんだのです。――<「はじめに」より>

定価1760円(税込)

ISBN9784062124270

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto