刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

なぜ日本経済は殺されたか

なぜ日本経済は殺されたか

リチャ-ド・ヴェルナ-
吉川 元忠

世界支配を狙うワシントン&ウォール街複合体と、日本の金融・政治・論壇エージェントたちの“日本潰し”を断固阻止せよ!ベストセラー『マネー敗戦』『円の支配者』の両雄が処方する「日本再生」最後の劇薬!!<ヴェルナー>リップルウッドへの長銀の売却は、まさに日本の失策の代表例です。……日本の納税者のお金を使って、日本の大銀行は誰に売却されたのか? ただの一般の投資家ではない。ハゲタカ・ファンドに売られたのです。……ハゲタカ・ファンドは銀行を手に入れて、何をしようとしているのですか? 取引先企業の倒産です。それが彼らの儲ける手段ですからね。<吉川>あの売却劇は、私も非常におかしいと感じています。クリントン政権の財務長官だったロバート・E・ルービンはウォール街出身で、現在もそこの有力者ですが、彼は長銀の破綻処理を委託するコンサルタント選定の際に、裏でゴールドマン・サックスを推したのではないかと言われてますね。実際、政治的な圧力もあったのかもしれません。――本文より

定価1650円(税込)

ISBN9784062118682

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto