刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

何が日本をおかしくしたのか

何が日本をおかしくしたのか

渡部 昇一

東京裁判は復讐法廷だった。憲法改正は必然である。平等主義の嘘をあばく。今こそ、日本をダメにした犯人を明らかにして、新しい歴史観への出発をしなければならない。〈主な内容〉●「自衛、生存のため」の戦争は侵略ではない●南京の敗残兵狩りは戦時国際法が認めている●満州国建国は清朝皇帝の意志である●日本国憲法の制定は国際法違反だ●「富は悪である」という民主化政策のツケ ほか

定価1760円(税込)

ISBN9784062102032

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto