刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

2010 中流階級消失

2010 中流階級消失

田中 勝博

2010年日本は10%の富者と90%の貧者に大分裂する!ビッグバンから10年英国市民を襲ったものは何か?日本人は今歴史最大の岐路に立たされている!田中勝博。1964年生まれ。家庭崩壊、両親の離婚、義母との不和、家庭内暴力……少年時代は食事も満足に与えられなかった。中1からは新聞配達をして、参考書代や食費を稼いだ。給食のなくなった高校時代は、昼食をとった記憶がない。が、ぐれてやろうと考えたことは1度もなかった。ただ、負けたくなかった。奨学金を手にして、北大に合格した。大学1年の夏、ヒッチハイクでたどり着いた広島で、イギリス人の女性と出会った。彼女がくれたチケットで、ボストンバッグひとつを下げ渡英した。19歳の春だった。……5年後、イギリスで1、2を争う証券会社で史上最年少の取締役になった。だからこそ、この本を書きたかった。だからこそ、ぬるま湯に浸かった日本人が、歯がゆくてしかたがなかった。日々繰り返される暴力……。私が気に入らないことをしたり、粗相をすると、継母は靴べらや布団たたき、ひどいときにはゴルフクラブで殴った。(中略)が、この頃育ち盛りだった私がもっとも辛かったのは、食事を与えられなかったことである。(中略)朝食抜きで学校に行って、お代わりができるときはたらふく食べ、給食が残れば、それを鞄に忍ばせて家に帰った。そして、継母に見つからないように、夜中にこっそり押入のなかで食べた。最近のある新聞社の調査で、男性の63パーセント、女性の53パーセントが「経済的には貧しくても幸せな生活を送れる」と答えている。大量消費社会に疲れた人たちの本音と、好意的に考えることもできる。しかし、こう答えた人たちは、本当の貧しさを知っているのだろうか。しかも、自分が経済的落伍者になることなど、つゆほども疑っていないのではないだろうか。いま評判のシティバンクも、堂々と「金融資産1億円以上のあなたへ」という広告を打っている。もう「選別」は始まっているのだ。──(本文より)

定価1760円(税込)

ISBN9784062091701

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto