刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

漢方――日本人の誤解を解く

漢方――日本人の誤解を解く

劉 大器

間違いだらけの「日本の漢方」を正す。『小柴胡湯』は慢性肝炎の薬ではない。センナは劇薬である。ちっとも痩せない「痩せる石鹸」。気功はたんなるショウではない――など本場・中国の伝統医学の大家が提唱する「こうすれば漢方で救われる」【著者が唱える漢方との正しいつきあい方】2000年もの「人体実験」を繰り返した中国漢方の極意は、体質や食事から処方まですべてを「寒」と「熱」で2分することから始まる。●体質の「寒熱」を見分ける22項目湿っぽい肌、涙目は「寒」。乾燥肌、充血した目は「熱」●食品の「寒熱」分類例キュウリ、豚肉、砂糖は「寒」。キャベツ、牛肉、酒は「熱」●生薬の「寒熱」と効能柴胡、地黄、大黄は「寒」。当帰、人参、麻黄は「熱」●処方の「寒熱」と適応症小柴胡湯、五苓散は「寒」、葛根湯、八味地黄丸は「熱」

定価1760円(税込)

ISBN9784062085588

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto