刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

死を視ること帰するがごとし

死を視ること帰するがごとし

山折 哲雄

死がこわくなくなり、気持が楽になる“心の書”死は“別れ”にあらず。自然のふところへ還る、出発のときである。――死後や来世に、もうひとつの生があることを……日本人は忘れていないか――自分の遺体がカマで焼かれて、骨になっている。やがて粉々にくだかれ、ごくわずかな肉親や知人によって遠い海の彼方に、あるいは山奥の樹木の根元にまかれている。そういう光景を想像してみよう。私の骨灰をまいている人びとが、たんに別れを告げているようには、とてもみえないのである。むしろ私の最後の大切なものを、自然のふところに返しているようにみえる。私の骨灰を、もともとあった場所にそっと戻しているように思うのである。まかれている当の私にしても、山や海の自然のなかに融けこんで、生きのこっている人びとと地つづきのところに横たわっている感じなのだ。水の流れにそって、自分を送ってくれた人びとの足元に漂っているといってもよい。――本書より

定価1495円(税込)

ISBN9784062075817

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto