刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

マンガ唐詩の世界

マンガ唐詩の世界

野末 陳平
蔡 志忠
和田 武司
鈴木 成一

李白、杜甫、王維、白居易、孟浩然、杜牧、李商隠――唐の詩人たちの歯切れのよいテンポと深い趣を味わう!漢詩のマンガ化に挑戦!私の好みをいえば、李白が1番いい。社会派の杜甫もわるくはないが、李白の詩の奔放さが好きだ。「白髪三千丈」ではじまる「私浦の歌」もいいし、「長安一片の月、万古衣をうつの声」も泣かせる。これらの詩は、マンガ化されてもなかなかいい味だ。杜甫の「国破れて山河あり、城春にして草木深し」はあまりにも有名だが、これが蔡志忠さんの手にかかると、ちょっとちがった趣になる。孟浩然の「春暁」も「春眠暁を覚えず」のあたりは日本人の感覚と変らぬようだが、最後の「花落つること知らず多少ぞ」のあたりの感じは、読者によっては、「ちょっとちがう」と思われるかも知れない。――監修者「まえがき」より

定価1388円(税込)

ISBN9784062061537

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto