刊行書籍一覧へ
BOOKS

刊行書籍情報

ちょっとしたものの言い方

ちょっとしたものの言い方

パキラハウス

いま、その人の知性・家柄・ステイタスは、ちょっとした「口のきき方」から。本書が示す実用的な1000の定型をさっそくに活用して下さい。もし、次のどれかに思い当たることがあれば、この本は役に立ちます。●友達とは、おしゃべりなくせに、初めての人や年上の人と話すとなるとどうしていいかわからない。●あらたまった席に出るのが少し恐い。●とっさの挨拶ができず、つい、にやにやぐずぐずしてしまい、われながらいつまでも子供でもあるまいにと歯がゆい。●断るのが苦手で、ついつい、嫌なことを引き受けてしまい後悔する。●人との応対がギクシャクしているように感じ、とても疲れる。●謝ったつもりが、どういうわけか気持ちが通じないでそっけなくされる。●話に割り込めないで、おいてきぼりにされてしまう。●もう少し要領よく話せないかといわれたことがある。●会議で話す番がくると、うまくしゃべれるか不安で、とても緊張する。フォーマルな「ものの言い方」は、言葉のやりとりの「一種のゲーム」で、ちゃんとルールがあります。この本をぱらぱら眺めてみれば、「なんだ、こう言えばいいのか」と目のまえがきっと明るくなると思います。

定価1068円(税込)

ISBN9784062049023

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

  • こちらで販売中 amazon
  • Rakutenブックス
  • honto