関連書籍一覧へ

関連書籍情報

老年について 友情について

講談社学術文庫

老年について 友情について

キケロー
大西 英文

『老年について』は、84歳まで生きてローマ政界で重鎮の役割を果たしたマルクス・ポルキウス・カトー・ケンソリウス、通称「大カトー」に二人の若者が話を聞く、という構成をとる。 『友情について』は、『老年について』に登場したラエリウスを主要な登場人物としている。その中には、やはり「注意深く友人を選ばなければならない」、「友情においては地位や身分での分け隔てがあってはならない」といった役に立つ言葉の数々がちりばめられている。 これらの対話篇は、いずれも共和政を護持するための格闘に敗れ、カエサルの独裁が実現されたあとに書かれた。キケローの苦難多き人生の経験と、該博な知識に裏打ちされた珠玉の二篇を一冊で読める待望の新訳。

定価1180円(税別)

ISBN9784065145074

オンライン書店で購入