刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

戦争の中国古代史

世界史

戦争の中国古代史

佐藤 信弥 プロフィール

群雄割拠! 殷・周・春秋戦国時代に繰り広げられた古代中国の戦争を軸に、「中華帝国」誕生の前史を明らかにする画期的入門書。 「中国」形成史、あるいは華夷思想の形成は国内外の学会でホットなテーマである。また秦の滅亡から漢王朝成立までの過程は、近年日本で活発に研究が発表されている。本書ではこれら最新の研究の成果を随所に取り入れていく。 そしての戦争やその意義だけでなく、軍制、長城などの軍事施設、兵器、軍事にまつわる儀礼や思想、軍事に関わった人物、末端の兵士の状況など、軍事全般を各時代ごとに見ていくことで、文字通り「戦争の中国古代史」を総合的に描き出していくことにしたい。――「まえがき」より 【本書の構成】 序章:戦争の起源/ 第一章:殷王朝 旬に憂い亡きか/ 第二章:西周王朝 溥天の下、王土に非ざる莫し/ 第三章:春秋時代 「国際秩序」の形成/ 第四章:戦国時代 帝国への道/ 第五章:秦漢王朝 「中国」の形を求めて/ 終章:「中国」の行く末

定価1100円(税込)

ISBN9784065228616

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

記事一覧

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/