刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

発達障害と人間関係

心理・精神医学

発達障害と人間関係

カサンドラ症候群にならないために

宮尾 益知 プロフィール

発達障害の夫や妻、子どもとの関係がよくなるコツとは?発達障害の職場の上司・部下とは、どうすればうまくコミュニケーションがとれるのか?■発達障害は親の育て方やしつけが原因?■その場の話題に合わせるのが苦手?■同時に二つのことができない?■突然の予定変更に順応できず、混乱する?――発達障害の人との人間関係が原因で起こる「カサンドラ症候群」とは?…… 第一人者が発達障害にまつわる「疑問」と「不安」にお答えした、発達障害の当事者と周囲の人々の「生きづらさ」「しんどさ」をなくすための本!私は、発達障害の人と周囲の人たちとがお互いに「なんだか違う」と思いながらも、わかりあって幸せになってほしいと願い、臨床を続けてきました。世間には、子どもの発達障害に関する本、大人の発達障害に関する本がたくさん刊行されていますが、本書は発達障害の知識そのものにとどまらず、「カサンドラ症候群」を補助線としながら、発達障害の人と周囲の人との関係性やコミュニケーションに着目しているのが、大きな特長です。ASDの人たちはふだんどのような悩みを抱えているのか。最近増加している「大人の発達障害」が、日常生活を送るうえで周囲にどのような影響を与えているか。具体的な臨床例を参考にしながら、一緒に考えていきたいと思います。家庭でも職場でも、お互いにわかりあいながら、違っていても、違っているからこそ、一緒になって生きていこう――。そうした社会の実現に向けて、少しでも前に進むことができたら幸いです。

定価946円(税込)

ISBN9784065184424

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

記事一覧