刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

天皇家のお葬式

日本史 日本語・日本文化

天皇家のお葬式

大角 修 プロフィール

天皇の葬儀のかたちは、時代によってさまざまであった。日本で初めて火葬されたのは持統天皇である。その後、聖武天皇以降は土葬に戻ったが、淳和天皇の時は遺言によりふたたび火葬になり、しかも初めて散骨されている。また、明治天皇以降、葬儀は神式であるが、江戸時代までは仏式で行われていた。なぜ、仏式から神式に変わったのか? 古代からの天皇の葬儀の変遷をたどりながら、その時代背景や時代の変化について論考する。

定価840円(税別)

ISBN9784062884501

オンライン書店で購入