刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

飛行機の戦争 1914-1945

日本史

飛行機の戦争 1914-1945

総力戦体制への道

一ノ瀬 俊也 プロフィール

なぜ国民は飛行機に夢を託し、人、金、物を提供したのか――。貧しい人びとの出世の手段としての航空兵。国民一人一人がお金を出しあって飛行機をつくる軍用機献納運動。防空演習ですり込まれる空襲の恐怖と、空中国防の必要性。学校、親への「説得」を通して行われる未成年の航空兵「志願」……。日本軍=大艦巨砲主義という通説をくつがえし、総力戦の象徴としての飛行機に焦点をあて、戦前、戦中の現実を描く。

定価920円(税別)

ISBN9784062884389

オンライン書店で購入