刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

加藤周一を記憶する

文学 日本語・日本文化

加藤周一を記憶する

成田 龍一

日本の「敗戦後」を問い続けた評論家加藤周一の軌跡を丁寧に追う試み。加藤周一の代表的著作である『言葉と戦車』『日本文学史序説』「夕陽妄語」を中心に、その評論活動の出発点となった1946年の論考の意義、西洋と日本を行き来して得た1960年代の「日本文化」への深い言及、力を注いだ1980年代の同時代時評、そして「九条の会」の呼びかけ人となった21世紀初頭まで、加藤周一が日本の言論界に与えた影響力を考察する。

定価1300円(税別)

ISBN9784062883108

オンライン書店で購入