刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

戦前日本の安全保障

政治・社会 日本史

戦前日本の安全保障

川田 稔

日露同盟か、日米提携か、集団的相互安全保障か、それとも――。第一次世界大戦以降、日英同盟が空洞化し、中国をめぐる欧米との軋轢が進むなか指導者たちが描いた外交構想とは? 山県有朋、原敬、浜口雄幸、永田鉄山という大戦間期を代表する4人の世界戦略を読み解く。現代の安全保障を考える際の手がかりとなる一冊。

定価840円(税別)

ISBN9784062881906

オンライン書店で購入