刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

世界史の中のパレスチナ問題

宗教 世界の言語・文化・地理 世界史

世界史の中のパレスチナ問題

臼杵 陽 プロフィール

パレスチナは2012年11月に国連総会で「国家」として承認されたが、イスラエルとアメリカという紛争当事国と関係国が認めていない以上、これ以上の進展は見込めないのが現状。なぜ解決できないのか? 難問の構造を歴史から読み解く15講。第1部 パレスチナという場所、第2部 列強の対立に翻弄されるユダヤ人とパレスチナ人、第3部「アメリカの平和」の終わりと始まり、の3部構成。この一冊で中東問題のすべてがわかる。

定価1200円(税別)

ISBN9784062881890

オンライン書店で購入