刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

大震災後の社会学

政治・社会

大震災後の社会学

遠藤 薫
高原 基彰
西田 亮介 プロフィール
新 雅史
関谷 直也

「未曾有」と形容される東日本大震災は、日本の社会がいままでつくりあげてきたシステムの問題を顕在化させることになった。これらの問題とは、震災によって新たに明らかになったというより、問題点が指摘されながらも、はっきりと誰にもわかる形で露呈したという性格が強い。政治・国家の不在、防災システムの問題、先延ばしにしてきた地域振興の問題、メディアを巡る問題、私たちはこの震災を転機として、新たな社会をよりよいものとして、つくっていくことができるのか。本書では、編著者のもと、西田亮介、高原基彰、関谷直也、新雅史といった期待の若手社会学者がそれぞれのフィールドで、震災と社会についてレポートする。彼らのレポートから見えてくる日本社会のシステムの問題と解決へのヒント。

定価800円(税別)

ISBN9784062881364

オンライン書店で購入