刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

中国と台湾

世界の言語・文化・地理 世界史

中国と台湾

対立と共存の両岸関係

岡田 充

激化する軍拡競争、支えあう経済、暗躍する密使、新指導者、米中新冷戦―― 新局面に入った中台関係の本質を抉る! —— 「多面政治家、李登輝の一面として、中国との「裏」の関係を表すエピソードがある。李と江沢民ら中台首脳の意向を受けた「密使」の存在である。 台湾側の密使は、香港やマカオ、広東省などで頻繁に中国側と接触して、双方の政策のすり合わせや、中台対話に向けた秘密会談を重ねていた。 1996年のミサイル危機や「二国論」の際も、中台が事前に情報交換していたことになり、激しい非難の応酬の裏で、中台間には衝突回避に向けた「危機管理」が働いていた。 同時に「密使」の存在からは、米中台の三方がそれぞれの事情から「海峡の緊張」を必要とし、かつ利用する政治ゲームの実相が垣間見える。」――〈本書より〉

定価740円(税別)

ISBN9784061496491

オンライン書店で購入