刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

「大東亜」戦争を知っていますか

政治・社会 日本史

「大東亜」戦争を知っていますか

倉沢 愛子

次の世代へ語り継ぐアジアと日本の真実! 実はマレー半島上陸で始まった開戦から戦後まで――東南アジア研究にとりくむ著者が若い世代に語る日本と戦争の真実。 「マレー半島上陸で始まった戦争――ロミ、「大東亜」戦争はどういう形で始まったか知っているかい?えっ?ハワイの真珠湾攻撃だって?半分だけ「ピンポン」だね。実はね、一番最初の戦闘行為は、1941年12月8日未明、インドシナにいた陸軍部隊が、カムラン湾を渡ってマレー半島の東海岸に上陸したことだったんだよ。そのおよそ1時間20分後に、海軍によるハワイの真珠湾攻撃が行われた。……重要なのは、真珠湾攻撃とマレー半島上陸作戦では、相手国が異なるということ。つまり、真珠湾はアメリカに対する攻撃だし、マラヤはイギリスに対する攻撃だったわけ。そしてこの日、日本は英米両国に対して「宣戦布告」をした。……この戦争に対して日本側がもともとつけた名称は「大東亜」戦争というんだけど、敗戦後日本がアメリカ軍の占領下におかれていた時代に、これはあまりにも軍国主義的な色彩が強いからといって、「太平洋」戦争に改称されたの。……でも考えてみて。「太平洋」っていうけど、ビルマや、マレーシアやシンガポールは「太平洋」に面している?」――(本書より)

定価720円(税別)

ISBN9784061496170

オンライン書店で購入