刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

パリ歴史探偵術

世界の言語・文化・地理 世界史

パリ歴史探偵術

宮下 志朗

パリで味わうヨーロッパの古層。中世の城壁、パサージュの抜け道、幻のトイレ、写真館に青空市場…… 少年プルーストが走り、モネ、ルノワールが集まった街角を探索する。 「まぼろしの公衆トイレを求めて――「失われた時を求めて」の節目節目で、たいせつな機能を果たしている緑色のトイレなのだけれど、実はプチ・パレの近く、現在では「マルセル・プルーストの散歩道」と命名された緑陰の小径にちゃんと残っている。 その形からして、第二帝政時代の料金15サンチームのトイレに酷似している。してみると、パリ万博ガイドブック(1867年)で「シャンゼリゼ:凱旋門に向かって右側」とあった無臭トイレが、そのまま生きながらえているとも思われる。 「失われた時を求めて」の話者になりきって、この建物のかびくささを体験してみれば、あなたの無意志的記憶が浮かび上がってくるかもしれない。」――(本書より)

定価700円(税別)

ISBN9784061496101

オンライン書店で購入