刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

アメリカ文学史のキーワード

アメリカ文学史のキーワード

巽 孝之

ヴァイキングの航海から1千年の時空を織り成す古今の“名作”の思想を大胆に読み直す!蝶々夫人症候群――いちばん顕著なジャポニズムの実例は、『蝶々夫人』だろう。明治期の長崎を舞台にした同名の日本人芸者が米軍海軍士官ピンカートンと恋に落ち子どもをもうけるも裏切られるというこのあまりにも著名な悲恋物語が、……アメリカ文学史上の果実であることを知る者は案外少ない。1897年12月、アメリカはペンシルヴァニア州に住む当時37歳の法律家ジョン・ルーサー・ロングが『蝶々夫人』という小説を発表したのが、真の起源であった。……この世紀転換期、日清・日露戦争の勃発は明らかにアジアを差別する黄禍論を勃興させたものの、それはまったく同時に、アジアへの魅惑をも覚えるエキゾティシズムの広まるきっかけとなった。……進化論的発想が人種差別的意識の内部へ融合しながらも、まったく同時に他者の蠱惑をもかきたててやまないエキゾティシズム勃興の時代と見るのは、ひとつのパースペクティブかもしれない。しかし、これはとりもなおさず、アメリカがまさにその内部において、多様なる移民を受け入れつつ織りなす多元文化主義の実現への第一歩を踏み出す瞬間だった。――本書より

定価680円(税別)

ISBN9784061495210

オンライン書店で購入