刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

メディア資本主義

メディア資本主義

高橋 文利

変わる日本経済の最前線!銀行の統合再編、証券界の「10月革命」……現代経済社会の大変換にどう対応する?その基盤で進行しているデジタル情報革命の実態と公正なシステムを構築する方策を平易に説く。電子マネーと銀行――電子マネーは百円とか千円といった現金の表す情報をデジタル信号に変えてICカードやパソコンに蓄積し、ネットワークなどを通じて取引の当事者間で即座にやりとりでき、決済がその場で完了する新しい支払手段だが、現状では、電子マネーが今後どんなに普及しても「銀行が消える日」は来ない。なぜなら銀行とは、その性質上、預金を取り扱う金融機関にほかならないからだ。……電子マネーが現金をなんら裏付けに持っていなければ、貨幣としての機能を果たせるはずもない。……言い換えれば、電子マネーというのは既存の貨幣(預金)すなわち価値を前提として、それを電子情報としてICカードまたはインターネット上に取り込むことによって初めて生み出されるものである。――本書より

定価640円(税別)

ISBN9784061494756

オンライン書店で購入