刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

ユ-ロ経済を読む

ユ-ロ経済を読む

新田 俊三

新しい通貨ユーロが誕生した。マルクもフランも消滅させ、ドルとともに基軸となる人工通貨はヨーロッパを、世界をどう変えるのか。ECUとユーロ――ヨーロッパ通貨単位ECUは、すでに取り上げたように、1979年以降ヨーロッパ通貨制度EMSの核として使用されてきた。それは国際通貨の乱高下に対する安定装置として有効な機能を発揮してきたのである。加盟国の通貨の価値に応じて構成されたバスケット通貨であるから、それぞれの国の通貨の変動に応じてEUの価値も変動する。しかし各国通貨の構成比は発足後10年以上にわたってほとんど変わっていなかった。この安定した価値を背景に、ECUの予算と多国籍企業の計算業務はECUによって行われてきた。ECUは単一通貨の「雛鳥貨幣」として機能してきたのである。多くの中小企業も、個人も、貯金や決済手段としてECUを使ってきた。今にして思えば、EUは単一通貨ユーロが出現する以前に、ユーロ使用の模擬演習をしてきたのである。――本書より

定価640円(税別)

ISBN9784061494459

オンライン書店で購入