刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

「黙示録」を読みとく

「黙示録」を読みとく

森 秀樹

千年王国、ハルマゲドン、メシア思想など数々の幻と象徴の正体とはなにか。背景となるユダヤ民族放浪の歴史をたどり、秘められた謎とその魅力に迫る。【戦う殉教思想】──「黙示録」が成立したと言われる迫害激化の1世紀末には、アジア州の教会はおおかた腰砕けの状態であった。……また、各書は1部の使徒書簡をのぞけば、諸福音書のようにどちらかというと穏便で叙事的な内容であり、激動の逆境の時代にはおとなしすぎて不向きであり、心的な決起(気構え)をうながす「檄文」にはなりえなかった。「黙示録」はそれらとはだいぶ違う、ある意味では逆かもしれない文書だった。はっきりとは書きにくいが、書かずにはいられない、「隠された意味をもって啓示する」表現を用いた著者ヨハネのたかぶりが伝わってくるのである。それは、「新しい世界への待望感」を信じこませようとする「檄文」であり、戦う姿勢を強く訴える啓示そのものであった。──本書より

定価640円(税別)

ISBN9784061494343

オンライン書店で購入