刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

為替市場の読み方

為替市場の読み方

佐中 明雄

円安、ドル高、アジアの危機。通貨がわかる!経済がわかる!アジアの通貨危機、強いドル、そして日本経済の命運をも決する外国為替。その仕組みから金融新技術まで詳細に解説。外国為替の仕組み――いちばん広く受け入れられており、そしてもっとも妥当な外国為替の定義は、「異種通貨の交換」である。この定義に従えば、われわれが外国に行く前に銀行にいって、円とドルなど外国の通貨と交換する、あるいはドルのトラベラーズチェックを買い、海外で外国の通貨、例えばフランスのフランと交換するのももちろんこの範疇に属する。それだけではない。米国に留学している子供のために、親が銀行にいって円を振込みドルを送金することも、また石油精製メーカーなど輸入業者が輸入品の代金として円でドルなど外国通貨を買って支払うことも、そして自動車メーカーなど輸出業者が輸出代金としてドルなど外国通貨を受け取り、これを円に換えることも「異種通貨の交換」である。さらに証券会社や生命保険会社などの機関投資家が米国債など外国証券を購入するため、銀行で円を払い込んでドルなど外国通貨を購入する際にももちろん外国為替が発生している――本書より

定価640円(税別)

ISBN9784061494091

オンライン書店で購入