刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

人生の価値を考える

人生の価値を考える

武田 修志

ただ生きるかよく生きるか、あるいは挫けるか。逆境に落ちて突きつけられた問いを考え抜いた人たちの生き方を通し、生の意味を考察する。人間は問われている存在──「人生には無条件の意味がなければならない」──これはどういうことであろうか。「人生には無条件の意味がなければならない」とは、言い換えれば、「人生にはどんな場合にも意味がある」ということである。それゆえ、まずこれによって言えることは、フランクルの人生に対する姿勢は、多くの人々のそれとは異なって、そもそも「人生には意味があるか、ないか」と問うような姿勢ではない、ということである。それどころかフランクルは、我々が人生に意味があるかと問うのは、「はじめから誤っている」という。我々は「生きる意味を問うてはならない」という。なぜであろうか。これに対するフランクルの答はこうである。それは、「人生こそが問いを出し、私たちに問いを提起しているから」である。我々は人生を問う存在ではなく、逆に人生から「問われている存在」だからだ、と。──本書より

定価660円(税別)

ISBN9784061493919

オンライン書店で購入