刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

教養としての歴史学

教養としての歴史学

堀越 孝一

昔のひとは歴史をどう捉えていたのか。証拠と因果関係を重視する近代歴史学とは違う文体(スタイル)の歴史の書かれ方を読む。中世人は歴史の予定調和を見ている──この世に起きる出来事が、すべて予表されたプロトモデルの写しであるという発想は、およそ近代人の歴史理解とは異質なものです。(中略)それでは中世人の「ヒストリオグラフィー」は全部が全部ナンセンスだということになるのか。わたしはそうは思わない。中世人は歴史にタイポロジカルな構図を見た。この構図は、わたしたち近代人が見るところ、無歴史的なものです。なにしろ歴史は常に現前しているのですから。わたしたちは「歴史は発展する」とか「歴史は因果関係で成り立っている」とか、なにしろ軽々と口にします。中世人にそんなことを話したって、かれらは困ったような顔をして、耳たぶの後ろでもかいていることでしょう。だから、かれらにはどうやら「因果関係」とか、「発展」とか、そういったキーワードが通用しないということなのです。──本書より

定価640円(税別)

ISBN9784061493858

オンライン書店で購入