刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

日本の安全保障

日本の安全保障

江畑 謙介

「周辺有事」とは何か。ガイドライン見直しの核心とは?アジア諸国の軍拡、沖縄の米軍基地問題、シーレーンの危機――冷戦後の新しい視点からリアルに論じつくす必読書!イギリス軍を上回った自衛隊の軍事力――日本は日米防衛協力のための指針を見直してもなお、基本的には専守防衛であり、アジア・太平洋地域の平和と安定に対しては、間接的な貢献に止め、あくまでも盾としての役割に固執する方針を採っている。……それは、確かにアジア・太平洋地域においては、日本の軍事力に自分で足かせをかけるものとして、ほかの国からは歓迎されるものと言うこともできよう。日本人の多くは気づいていないが、すでに日本の自衛隊は世界でも有数の「軍事力」となっている。……ドル換算による防衛費は、明らかに米国に次ぐ世界第2位である。兵員の数は総兵力でイギリスを上回り、装備もほとんどの分野で英軍を上回っている。――本書より

定価660円(税別)

ISBN9784061493759

オンライン書店で購入