刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

国の借金

国の借金

石 弘光

財政赤字はなぜここまで累増したのか。きたるべき高齢社会に向けて、いま何を改革すべきか。わが国が直面する最重要政策課題を、欧米諸国とも比較しつつ、第1人者が解き明かす。国の借金とは何か――いったん公債がある年度に発行されると、5年なり10年なりの償還時まで毎年利子を払いつづけなければならぬ。そして最終的には償還時に借りた元本をそっくり返済する必要があることから、一般にこの元本返済のため、国際整理基金特別会計にあらかじめ減債資金を積み立てておかねばならない。利子を含めた元利払いのための費用が国債費であり、注目すべきことは、この国債費が21.7%と歳出予算の中で最も高いウエイトを占めている点である。これは累年の借金の後始末を意味しており、国民が最も重要と考える社会保障関係費を上回る規模になってしまったところに、日本財政にみられる借金体質の深刻さがあるといえよう。この借金依存の体質を改めようとする財政再建あるいは財政構造改革が、21世紀に向けての大きな政策課題となってきている。――本書より

定価640円(税別)

ISBN9784061493391

オンライン書店で購入