刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

名君の賢臣

名君の賢臣

百瀬 明治

貨幣経済が発達するとともに、江戸幕藩体制は綻び、軋みはじめる。財政難を救った吉宗・鷹山・田沼らの政策・人材登用法・生き方に学ぶ。なぜ幕政改革が必要になったか?――江戸の武家社会は、周知のように米経済に立脚していた。彼らは、領内の農村で生産される農作物を年貢として吸いあげ、それを金銭に換えて消費生活を営んでいた……。そこへ、新たな経済体制として、貨幣経済、商品経済が急速に成長しはじめた。貨幣経済、商品経済は、国全体の経済規模を拡大する自律性をもち、商品の供給量の増大と物価の上昇をうながす。それに対し、武家の依存する米経済は、毎年の生産量がほぼ一定しているから、基本的に停滞性が強い。そのような因果関係により、米経済と貨幣経済の格差はたちまち逆転し、幕府・諸藩は足並みそろえて赤字財政に苦慮しなければならなくなったのである。さて、そうすると、経済を度外視する仁政では、こうした事態は解決できないことになる。政治・経済の両面にわたって、斬新な手法が必要になってくる。そのような要請にこたえて、諸藩で試みられたのが、いわゆる「藩政改革」であった。といっても、諸藩には独自の事情があり、リーダーの考え方も一様ではなかったから、藩政改革はさまざまな形をとった。そのような藩政改革の代表的な事例を、……概観することにしたい。――本書より

定価631円(税別)

ISBN9784061493131

オンライン書店で購入