刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

戦うハプスブルク家

世界史

戦うハプスブルク家

近代の序章としての三十年戦争

菊池 良生

中世的秩序をゆるがし、新たな国家間システムを生み出す契機となった、ハプスブルク家(旧教)・新教諸勢力間の悲惨な長期抗争の推移をたどる。白山の戦い――晩秋の霧がたちこめていた1620年11月8日、プラハ近郊のわずか標高38メートルの小高い丘、白山で戦闘が起きた。文句なくカトリック連合軍の圧勝であった。注目すべき点は、勝利者フェルディナント2世の明確な意志が余すところなく貫かれたその戦後処理である。このことがやがて全ドイツを、そして全ヨーロッパを以後30年近くにわたって恐ろしい戦争に引きずり込んだのだから。――<本書より>

定価740円(税別)

ISBN9784061492820

オンライン書店で購入