刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

日本の奇僧・快僧

日本の奇僧・快僧

今井 雅晴

生死を越える達観、悠然火中に赴く剛胆、修行が生む力(スーパーパワー)。道鏡、文覚、一遍、一休、快川等、日本の僧侶(アウトサイダー)たちの不可思議な魅力。「一休ばなし」は何を語っているか──颯爽(さっそう)と生きて、しかもひとつひねった発言。民衆はしだいに一休にひきつけられていった。……京都に喉の病気を治す秘伝の方法を知っている老人があった。一休がぜひ教えてほしいと頼むと、「よろしい教えましょう。ただしこれは家伝来の秘法なので、決して他人に話さないと約束して下さい」という。一休は約束し、その秘伝の方法を教えてもらった。ところが、一休はその内容を立て札に書きつけて各地に立てたのである。先の老人が怒ると、「話さないと約束したが、書かないと約束した覚えはない」と答えたという。秘密主義・秘伝主義への批判である。……次のような話もある。京都の町の家々では、正月の三が日には表戸を閉めることになっているという。これは一休が髑髏(どくろ)を竹の先につけて、「ご用心、ご用心」といいながら一軒一軒のぞきこんだからである。……一休は、明日の命をも知れぬ人間社会の無常を突きつけて、生死を越える世界に目を開いてもらいたいと考えていたのである。──本書より

定価631円(税別)

ISBN9784061492776

オンライン書店で購入