刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

修羅を生きる

修羅を生きる

梁 石日

話題を呼んだ映画「月はどっちに出ている」の原作者が赤裸々に綴る破天荒の青春譚。骨肉の葛藤、詩への耽溺、無頼と放蕩……鮮烈に生きぬいた在日朝鮮人青年の軌跡。なぜ、私は書くのか――私は作家にならず生涯をタクシー運転手で過ごしてもよかったのである。実際、私の生き方はそういう生き方だった。私は自分の家族に多くの犠牲を強いてきたが、それは作家になろうとして家族に犠牲を強いてきたのではない。もっとはっきり言えば、私はきわめていい加減な人間だった。私は母に溺愛されたが、家族愛というものを知らなかった。しかも父を反面教師としながら、別な意味で、つまりエゴイストという点で、私は父にそっくりだった。私は自分のことしか考えない人間だったのである。そしてなぜ作家になったのかと言えば、私はついに断念の思いを悟れなかったからだというほかはない。――本書より

定価660円(税別)

ISBN9784061492400

オンライン書店で購入