刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

「怪談」の心理学

「怪談」の心理学

中村 希明

怪談はどこに生まれ、どう伝わるのか。トイレのハナコさん、こっくりさん、金縛りなど、学童たちの間に発生し広がってゆく「霊現象」のルーマーをめぐり、心理・生理・社会病理的に縦横に考察する。すぐれたコント――芸術家は自分の感動を小説や絵画、音楽などに表現する。しかし、こうした自己を表現する才能もなく、また、最近流行の自分史や、短歌や俳句を修業するだけの根気もない団地の主婦たちは、近隣のうわさ話に浮き身をやつす。一方、未来の主婦である女の子たちは、大人以上に目を輝かせて学校のうわさ話、とりわけこわい話に熱中する。つまり、「学校の怪談」の伝承者である学童たちは、めいめいが自分の聞いた話に新しい創作を付け加えて、その伝達の話を広げていく。その世界では、よりもっともらしい、刺激的なディテイルを物語に付け加えた伝承者が子供仲間のヒーローになれるのである。――本書より

定価631円(税別)

ISBN9784061492233

オンライン書店で購入