刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

統合ヨ-ロッパの民族問題

統合ヨ-ロッパの民族問題

羽場 久子

ユーゴ内戦、チェコスロヴァキア分裂、国外ハンガリー人をめぐる国境問題…。「ヨーロッパ統合」へと向かう冷戦後の世界で、なぜ旧東欧は解体を続けるのか。「民主化」「市場化」を果たしEUに加盟する日は来るのか。「統合」「ヨーロッパ回帰」をキーワードに、民主問題の本質を探る。「ヨーロッパ回帰」をめぐる3つの動き――1989年の東欧の体制転換以降、東欧においては3つの動きが象徴的に現れている。1つは、「中欧」の再編である。これは、「東欧」に代わる歴史的「中欧」理念の再興とともに、EUやNATOへの足がかりともなるさまざまな中欧の地域協力の成長というかたちで現れている。2つめは、民族問題の新たな成長である。現代東欧の民族問題は、歴史的な民族問題の再生という以上に、「民主化」「市場化」に象徴される政治的・経済的な発展と、国境修正を含む「国民国家」の枠組みの再調整の流れのなかで現れてきている。3つめは、EC/EU、NATOへの接近である。これをいうまでもなく、現在信仰中のヨーロッパの経済・市場統合、安全保障の統合的システムへの参入ということであろう。これらは全体として、「ヨーロッパ回帰」をめぐる一連の動きとしてとらえることができよう。――本書より

定価720円(税別)

ISBN9784061492189

オンライン書店で購入