刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

江戸語・東京語・標準語

江戸語・東京語・標準語

水原 明人

武家と町人、山手と下町、標準語と方言。話しことばは時代を映す鏡であった。何がことばを変えてきたのか?江戸開府から明治を経て現代まで、日本語を通してたどるもうひとつの近代史。「おっかさん」と「おかあさん」――国定教科書に採用されたことばの特徴的な例として「おかあさん」の場合を見てみよう。現在「母」をあらわすことばとして、最も一般的に使われているのは「おかあさん」だろう。しかし、この言い方は、少なくとも明治初期の関東以北にはなかった。幕末の日本語と英語を対比させたアーネスト・サトーの『会話篇』、ヘボンの『和英語林集成』でも、motherに対する日本語として挙げているのは、「はは」「ははさま」「母堂」「御母堂」「おっかさん」「おふくろ」で、ここには「おかあさん」ということばは出てこない。(中略)それなのに、なぜ、当時の国定教科書は「おっかさん」を捨てて「おかあさん」を採用したのだろうか?――本書より

定価660円(税別)

ISBN9784061492165

オンライン書店で購入