刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

言葉のアヴァンギャルド

言葉のアヴァンギャルド

塚原 史

世紀が移り、新たな芸術が「運動」し始める。「切断の意識」につらぬかれた前衛──未来派、ダダ、シュレアリストたちが企てる言葉の解体・解放の冒険的な試み。意味を無化する方向に働く「20世紀の想像力」を考察する。「20世紀」の表現者──彼らのほとんど唯一の共通項は、あの二重の「切断」の意識だったといってよい。一切の「過去」や「伝統」と断絶すること、そして「意味」や「内容」の支配から「外観」と「かたち」を解放することによって、アヴァンギャルド諸派は20世紀的なものの最初の表現者となったのである。──本書より

定価631円(税別)

ISBN9784061492141

オンライン書店で購入