刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

カンヌ映画祭

カンヌ映画祭

中川 洋吉

光あふれる南仏の海辺の町で国家的文化イベントとして展開されるシネマの祭典。50年になろうとするその歴史とスター・監督たちの素顔をいきいきとレポートする。アート性と商業性のバランス──映画祭としての重要性の1つに、出品作品のアート性と商業性のバランスが挙げられる。映画祭自体、商業性があってこそ、これまでに発展したことは再認識する必要がある。このイベントは映画業界の人間を元来対象にしており、今もその基本方針に変わりはない。ただし、近年は一般観客へも門戸を開放しているが、その数は全体の参加者の1割にも満たない。ジャコブ総代表は、バランスの上では、やはりアート性の比重を高める必要性を強調した。質が映画祭の価値を決めるという基本認識に基づいていると言えよう。──本書より

定価631円(税別)

ISBN9784061491991

オンライン書店で購入