刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

心身症

心身症

成田 善弘
杉浦 康平
赤崎 正一
山本 幸一

ストレスが腰痛を生み、不安が胃潰瘍を生み、行動パターンが病気を誘導する。心身相関に関する最新研究を紹介し、近代医学が引き裂いた「こころ」と「からだ」の統合を目指す新しい医学を提唱する。すべての病は心身症である――コンサルテーション・リエゾン精神医学の基本にあるのは、すべての病は心身症であるという、広い意味の心身医学の考え方である……。人間においては、その内部において心(脳)と身体各部の間に相互作用が行われると同時に、外部の環境(対人関係を含む)との間でたえず相互作用が行われている。人間の疾病とは、この複雑な相互作用がどこかで何らかの不調をきたしたものと考えられる。したがって人間の疾病をみる場合には、心と身体を二分するのではなく、人間の内外における全体を評価し、治療的立場からどの因子の処理に力を注いだらよいかを判断すべきである。こういう心身相関の考え方に立てば、人間のすべての病は心身症と考えられ、とりわけて心身症という特殊な疾患群を考えたり、心身医学という特殊な学問領域を設けることは不要であるとも考えられるのである。――本書より

定価680円(税別)

ISBN9784061491595

オンライン書店で購入