刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

パリ・コレクション モードの生成・モードの費消

パリ・コレクション モードの生成・モードの費消

深井 晃子
杉浦 康平
赤崎 正一

見せ、見つめ、求め、提供するモードの祭宴。偉大な仕立師(クチュリエ)ウォルト以来、パリの各メゾンが生み出したオートクチュール・プレタポルテの繚乱を追う。ビジネスの手段としてのパリ・コレ──パリ・コレと呼ばれているのは、パリで一定期間に行なわれる、そうしたデザイナーたちのショーの集合体である。たとえば93年秋冬のシーズンに行なわれたショーは少なくとも80以上はあった。これをほぼ1週間という期間のうちに、もっとも集約的に、効率的に見せるために、パリが生みだし、長い時間のあいだにいきついた1つの形が、パリ・コレ、すなわちパリ・コレクションである。その目的は、きわめて明快だ。デザイナーの主義主張──それは、創造性であることもあり、新しい流行の提案、あるいは人目を引きつけるノウハウであったりする──を訴えると同時に、それをビジネスとして展開していく、ことにある。したがって、パリ・コレに招待される主な客は、ジャーナリストとバイヤー(仕入担当者)、そして重要な個人客である。つまりパリ・コレは、基本的にプロのために行なわれるものなのである。──本書より

定価583円(税別)

ISBN9784061491441

オンライン書店で購入