刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

はじめてのフランス語

はじめてのフランス語

篠田 勝英
杉浦 康平
赤崎 正一

微妙な発音、独特な綴り、厄介な動詞変化、複合的な時制感覚……。フランス語のもつ「難しさ」を平易にときほぐす、入門第一歩。母音(その1)[イ][エ][ア]――友人から聞いた話ですが、フランス滞在中にお嬢さん(小学校低学年)が、ある日学校から写真を持ち帰りました。生徒ひとりずつを撮った写真で、とても自然に微笑んでいます。……カメラマンの使ったテクニックは次のとおりです。生徒のひとりをカメラの前に立たせると、「お名前は?」と尋ねます。たとえば「ジャクリーヌ」と答えると、そこで「嘘だろう」と言います。当然、生徒は「本当よ」と答えます。ここのところの問答は、フランス語では《C’est pas vrai!(セパヴレ)》《Meis si!(メスイ)》となり、siのところで生徒が唇が左右につよく引かれ、シャッターが落ちるというわけです。例の「チーズ」と同じですね。大げさに言えば、耳まで裂けよというぐらいの気持ちで発音するのが、フランス語の[イ]なのです。――本書より

定価680円(税別)

ISBN9784061491144

オンライン書店で購入