刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

オスマン帝国

世界史

オスマン帝国

イスラム世界の「柔らかい専制」

鈴木 董

西欧人の見た「残虐な征服者」は、西欧をはるかにこえる先進国だった。羊飼いでも大臣になれる開放的な社会。キリスト教世界で迫害されたユダヤ難民を受け入れた宗教的寛容性。多民族・多宗教の超大国を支えた「柔らかい専制」の秘密に迫る。近代西欧を見なれた我々にとって、西欧社会は開放的で合理的な社会だというイメージが定着している。そして、キリスト教も、合理的で寛容な宗教とイメージされがちである。これに対し、イスラム世界は閉鎖的で非合理的な社会であり、イスラムは不寛容な宗教だというイメージが強い。しかし、実態はむしろ逆であった。――<本書より>

定価800円(税別)

ISBN9784061490970

オンライン書店で購入