刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

外国語をどう学んだか

外国語をどう学んだか

現代新書編集部 プロフィール
杉浦 康平
谷村 彰彦
荒井 良二

英語・仏語からアラビア語・タイ語まで、外国語修得の難関をどうくぐりぬけるか? 単語・文型・名作丸暗記の力業から、各種メモ・秘密ノートを使う巧技、恋愛という裏技まで、知の世界で活躍する34人が上達法を公開。宇宙センターで学んだロシア語――私は聞いた単語をすぐメモできるように、いつも取材手帳とペンを持って歩いた。たとえば夕食を終えて食堂の前で宇宙飛行士と「また明日」と言ってお別れする時。宇宙飛行士が言う、「スコーリスカだから気をつけてね」「ありがとう、さようなら」とにっこり笑って背を向けた後で、取材手帳をとり出し、「スコーリスカ」と書き留めながら考える、「『スコーリスカ』とはなんぞや」……そして家に到着するとさっそく辞書をとり出して「スコーリスカ」を調べる。こういう場合、一度で見つかるということはめったにない。正しい綴りがわからないし、聞き間違えていることもある。幸いに見つかった「スコーリスカ」の意味は「すべる」。そうか、道に降った雪が凍ってすべるから気をつけなさいと言ったのか。そうわかった瞬間、街灯が道を白く照らしている食堂の前で宇宙飛行士と別れた場面がフラッシュバックする。――本書より

定価631円(税別)

ISBN9784061490901

オンライン書店で購入